193件中 1件目から表示しています。 (表示: 50件/頁、  古書カテゴリ: 肉筆小品 )

大田栄太郎草稿
大田栄太郎(富山)/ /発行/¥5,400
「加賀翁に就いて懐い出るまま」「皆納祝い」 ペン書400字詰5枚 『言語生活』掲載原稿


颯田琴次草稿
颯田琴次/ /発行/¥5,400
「話し言葉」 ペン書400字詰7枚 『言語生活』掲載原稿


小田切秀雄草稿
小田切秀雄/ /発行/¥21,600
「平和擁護の第二段階」 ペン書400字詰27枚


秋山清草稿
秋山清/ /発行/¥32,400
「四月と五月 私の詩人往来」 別原稿の裏面使用 ペン書200字詰39枚


奥野信太郎草稿
奥野信太郎/ /発行/¥32,400
「柿の葉」 ペン書200字詰15枚


秋山駿草稿
秋山駿/ /発行/¥10,800
「旧世代からの音信」 ペン書400字詰11枚 水シミ/文字滲み部有


加賀淳子草稿
加賀淳子/ /発行/¥16,200
「二つの横顔」(随筆「東京と京都」) ペン書400字詰11枚


関根弘草稿
関根弘/ /発行/¥12,960
「三年かけて一つの本を」 ペン書200字詰14枚


永井龍男草稿
永井龍男/ /発行/¥8,640
「消極的だった選考」 ペン書400字詰2枚


網野菊草稿
網野菊/ /発行/¥10,800
「こほろぎ」 ペン書200字詰6枚


室生朝子草稿
室生朝子/ /発行/¥8,640
「能登の妙成寺」 ペン書400字詰8枚


川村晃草稿
川村晃/ /発行/¥8,640
「職場文学の記念碑的達成 向坂忠雄『信じ服従し働く』」書評 ペン書400字詰7枚


橋爪彦七草稿
橋爪彦七/ /発行/¥8,640
「百萬石の男」 ペン書400字詰35枚


飯沢匡草稿
飯沢匡/ /発行/¥16,200
「テレビの犬」 ペン書400字詰30枚


池田みち子草稿
池田みち子/ /発行/¥7,560
「早乙女勝元著・東京大空襲」書評 鉛筆書400字詰7枚


城夏子草稿
城夏子/ /発行/¥8,640
「恋の手紙」 ペン書400字詰10枚


綱淵謙錠草稿
綱淵謙錠/ /発行/¥16,200
「冥(めい)-眠狂四郎に捧げる挽歌」 ペン書400字詰15枚


品田雄吉草稿
品田雄吉/ /発行/¥5,400
「山口清一郎・自己を語る」 ペン書200字詰36枚


佐藤忠男草稿
佐藤忠男/ /発行/¥10,800
「作品研究『新・人間失格』」 鉛筆書400字詰19枚


浜本浩草稿
浜本浩/ /発行/¥16,200
「指きり」 ペン書400字詰13枚


いいだもも草稿
いいだもも/ /発行/¥16,200
「国益は公害、転向は有罪」 鉛筆書200字詰29枚


大川倫子草稿
大川倫子/ /発行/¥21,600
「女学生物語」 ペン書400字詰ペン書400字詰11枚


荒木巍草稿
荒木巍/ /発行/¥21,600
「洋燈(らんぷ)」 ペン書400字詰21枚


長谷川静生草稿
長谷川静生/ /発行/¥16,200
「遺伝子の拾遺I-名詩をたずねて-」 ペン書400字詰21枚


串田孫一草稿
串田孫一/ /発行/¥16,200
「逃げる」 ペン書200字詰10枚


米川正夫草稿
米川正夫/ /発行/¥5,400
「未発表の随筆」 半裁切・裏和紙補修 ペン書400字詰6枚


野間宏草稿
野間宏/ /発行/¥21,600
「ステント教授とメダウオ教授」(「図書新聞」掲載) ペン書400字詰3枚


三国一朗草稿
三国一朗/ /発行/¥16,200
「退避世代」 ペン書200字詰10枚


荒正人草稿
荒正人/ /発行/¥21,600
「牧逸馬『世界怪奇実話』」 裏打補修有 ペン書400字詰6枚


今日出海草稿
今日出海/ /発行/¥32,400
「京都へ行く」 ペン書400字詰6枚


青野季吉草稿
青野季吉/ /発行/¥32,400
「批評と指導性」(戦前の原稿)裏打補修有 ペン書400字詰5枚


小堀杏奴草稿
小堀杏奴/ /発行/¥21,600
「(映画)背信」(戦前の原稿) ペン書400字詰3枚


野村胡堂草稿
野村胡堂/ /発行/¥21,600
「金忠輔(第40回)」 ペン書200字詰7枚


生島遼一草稿
生島遼一/ /発行/¥32,400
「新恋愛論―女の愛情と男の愛情」 ペン書400字詰26枚


芳賀檀草稿
芳賀檀/ /発行/¥32,400
「日本の方法(天心を中心として)」 ペン書400字詰23枚


高橋鐵草稿
高橋鐵/ /発行/¥43,200
「世界を騒がせた『人性記』」(58年入獄迫るまで) ペン書400字詰14枚


土岐善麿草稿
土岐善麿/ /発行/¥43,200
「中国と次の世代」 ペン書200字詰11枚


篠田一士草稿
篠田一士/ /発行/¥10,800
「文芸時評」(丸山健二「十年後の一夜」など評) ペン書400字詰7枚


椿八郎草稿
椿八郎/ /発行/¥10,800
「蜂の子」 ペン書200字詰22枚 故郷信濃の高原に地蜂狩りに行った少年時代についての随筆


三宅やす子草稿
三宅やす子/ /発行/¥16,200
「父の郷里」 ペン書400字詰5枚 編集者による「遺稿」の文字記入有


服部嘉香草稿
服部嘉香/ /発行/¥8,640
「北海道ところどころ」 ペン書200字詰16枚


峰雪栄草稿
峰雪栄/ /発行/¥16,200
「縄でしばっていた豆腐」 ペン書400字詰7枚


平野謙草稿
平野謙/ /発行/¥21,600
「中野重治『むらぎも』」 ペン書400字詰4枚


藤沢衛彦草稿
藤沢衛彦/ /発行/¥16,200
「目黒から大師河原へ」ペン書400字詰6枚+「猪鼻台より袖ヶ浦へ」ペン書400字詰6枚 計12枚


安成二郎草稿
安成二郎/ /発行/¥32,400
「白雲の宿」 ペン書400字詰10枚


尾崎秀樹草稿
尾崎秀樹/ /発行/¥8,640
「私の戦後史」 ペン書200字詰10枚


羽仁進草稿
羽仁進/ /発行/¥43,200
「現代の価値観」 ペン書200字詰37枚


尾崎宏次草稿
尾崎宏次/ /発行/¥8,640
「帝劇の復興」 ペン書400字詰17枚


飯沢匡草稿
飯沢匡/ /発行/¥6,480
「面白い筈はない」 ペン書400字詰5枚


森山啓草稿
森山啓/ /発行/¥8,640
「大雪と靴みがき女」 ペン書200字詰6枚