45件中 1件目から表示しています。 (表示: 30件/頁、  古書カテゴリ: からだ )

バンクシア・フィットネス : あなたも気の達人になれる : くらしに活かす心と体の使い方
近藤/太郎 著,芳野/武人 著,近藤/洋一 監修,/トータルヘルスデザイン/2010年発行/¥300
初版 マーカー線多数アリ


かわいいからだの救急箱 : 気持ちいいからだをつくる70のメニュー
寺門琢己 著,ふじわらかずえ [絵],/メディアファクトリー/2003年発行/¥300
8刷(初版2001年) カバー 帯


生と死が創るもの
柳澤 桂子(著)/草思社/1998/6/1発行/¥500
帯 カバー 初版(1998年) 背ヤケ


パーソナリティ障害とは何か 【講談社現代新書】
牛島定信(著)/講談社/2012/11/20発行/¥463
初版 帯 カバー 良本 (内容)境界性、自己愛性から回避性まで、精神科臨床の最前線に立つ著者がわかりやすく紹介。


「死にざま」こそ人生:「ありがとう」と言って逝くための10のヒント 【朝日新書】
柏木哲夫(著)/朝日新聞出版/2011/8/30発行/¥278
初版 帯 カバー 良本 (内容)見送った多くの人の最期の姿から、「美しい死」を獲得するためにどんな葛藤を経なければならないのかを教える。


女はみんな「うつ」になる
香山リカ(著)/中央法規出版/2009/4/25発行/¥556
初版 帯 (内容)個性的な生き方をしていると誰もが認める女性が増えてきたが、彼女たち自身は「生きやすい」と満足しているわけではなさそうだ。恋愛、仕事、母娘関係などにスポットをあて、女性を悩ます「うつ」について考える。


がんのひみつ がんも、そんなに、わるくない
中川恵一(著)/朝日出版社/2007/12/20発行/¥463
初版 10刷(2009年) 帯 (内容)この本はほとんどの日本人が知らないがんの常識を解説する。


男と女の進化論 すべては勘違いから始まった
竹内久美子(著)/新潮社/1990/11/20発行/¥556
初版 10刷(1991年) (内容)女はなぜシワを恐れるのか?なぜ背の高い男がモテるのか?男はどうして若い女の子が好きなのか?日ごろの疑問が一挙に氷解すると同時に、竹内流の鋭くユニークな説がたっぷり楽しめる、目から鱗の落ちる本。


病院で死ぬということ
山崎章郎(著)/主婦の友社/1990/10/30発行/¥649
初版 21刷(1992年) 帯 ヤケ (内容)医師である著者は、末期ガンの患者たちの闘病と死に立ち合って思った。一般の病院は、人が死んでゆくにふさわしい所だろうか。これは患者と理解し合い、その人の魂に聴診器をあてた医師の厳粛な記録。


食べるな、危険!
日本子孫基金(著)/講談社/2002/10/8発行/¥278
初版 4刷(2002年) 帯(折れ跡、破れ)カバー(シミ) (内容)安全な食品と食材を手にするためのガイドブック。食品や暮らしにひそむ化学物質や汚染物質のテスト・調査を行ってきた環境NGOが、その結果を全て公開。食べてはいけないものといいものとが一目瞭然。


一生太らない体をつくる腸健康法:我慢しないでムリなく痩せる81の方法
藤田紘一郎(著)/大和書房/2013/10/1発行/¥556
初版 帯微小ヤブレ (内容)「太りやすい体」を「痩せやすい体」に。「食前キャベツ」なら半年で10キロ痩せる。太らず病まず「細胞の老化」を防ぐ健康法!


胃のことがよくわかる本
山下克子(著)/小学館/1998/7/20発行/¥278
初版 帯 (内容)日本人の国民病といわれる胃病。潰瘍や胃がんを引き起こす胃の中に棲むヘリコバクターピロリ菌の最新情報を盛り込みながら、胃痛、胃炎、胃潰瘍等の検査・治療法を解説。


がんは切ればなおるのか
近藤誠(著)/新潮社/1995/10/25発行/¥278
初版 11刷(1996年) (内容)癌の治療には手術が最善、という常識は作られた「神話」かもしれない。実際のケースを取り上げながら、術後の合併症・後遺症に始まる様々な問題点を指摘。疑問や不安に分かりやすく答える、癌との正しい付き合い方。


女性のためのじぶんで治る整体法:自然な体をとりもどす
野村奈央(著)/ソニー・マガジン/2007/3/10発行/¥556
初版 帯 カバー極微小ヤブレ 天ヤケ (内容)肩こり、生理痛、冷え性などに悩む女性へ…。野口整体を基本に、日々実践している野村奈央さんが伝える「体のなかにある治る力」。


医者もおどろく”若返り”体操
大原寿美(著)/小学館/2002/10/1発行/¥463
初版 表紙汚れ(少) (内容ひとつの体操で三つの効果を持つ、奇跡の体操『ラフィーラ』。呼吸に合わせて、体をゆっくりと伸ばしたり曲げたりするだけ。誰でも、どこでも、いつでもできる、簡単な運動。朝晩たった10分間の運動で介護のいらない元気な体に。


田中宥久子の体整形マッサージ:美しき一枚皮
田中宥久子(著)/講談社/2006/11/17発行/¥463
初版 3刷(2006年) 書き込み(サインペン) (内容)美のカリスマが体と人生を変える! ビューティーアーティザン・美の職人が、実践の中から編み出した奇跡のマッサージ法を紹介。これまでになかった、本当に効果がでるからだ整形バイブル。


愛と快楽を追って あきらめない女たち(中公文庫)
亀山早苗(著)/中央公論新社/2012/6/25発行/¥278
初版 帯 (内容)セックスレスの時代、自らの性に忠実に行動を起こし始めた女性たちがいる。彼女たちを追い立てるのは「欲望」それとも焦り? 女性たちの本音に迫る。


石原式「朝だけしょうが紅茶」ダイエット 7日間、体を温めて水に出す(PHP文庫)
石原結實(著)/PHP研究所/2007/7/18発行/¥278
初版 8刷(2009年) 帯 (内容)毎朝の食事を「しょうが紅茶」に変えるだけでダイエット法。


知っていますか? 女性とストレス一問一答
友田尋子 安森由美 山﨑祐美子(著)/解放出版社/2001/6/15発行/¥463
初版 (内容)ストレス社会の現代、そのストレスが起こ要因やストレスと体の関係などをわかりやすく説明し、ストレスコントロール方法について書かれている。


わたしの更年期事情 女50代からの生き方革命
樋口惠子(編)/旬報社/1998/2/28発行/¥278
帯 初版 折跡アリ マーカー線、数か所アリ <内容>女性たちがみずからの言葉で体験を語る、更年期を迎える女性たちへの応援歌。


重ね煮の養生スープ
梅﨑和子(著)/主婦の友社/2011/11/30発行/¥834
初版 <内容>お鍋ひとつでシンプルに一杯のスープから始まる健康な暮らし


症状別 毎日の薬膳ごはん
青山有紀(著)/マイナビ/2012/1/1発行/¥926
初版 <内容>食べたいものを食べて、おいしくて、調子のよい日々。そんな毎日を過ごすために、症状(疲れ、冷え症、肌の悩みなど)に合わせた薬膳ごはんを紹介。


薬膳ごはん カラダか変わる80のレシピ
杏任美友 尾代ゆうこ(著)/大和書房/2011/8/31発行/¥926
帯 初版 <内容>カラダがだるい、疲れが取れない、便秘、クーラー冷え、ねむれないなど、そんな時でもいつもの食材・短い時間でできる簡単薬膳。


女のからだには、薬膳が効く
パン・ウェイ(著)/マガジンハウス/2011/8/11発行/¥926
帯 初版 <内容>体質と体の不調別、薬膳レシピと常備菜


病気・症状を改善 これならできる漢方ごはん
薬日本堂(監修)/講談社/2011/7/14発行/¥741
帯 初版 <内容>身近な食べ物で抵抗力・生命力を取り戻す。「腫瘍」「狭心症」ほか全12症状、84レシピを紹介。お家で簡単に作れる。


女性のための漢方生活レッスン
薬日本堂(監修)/主婦の友社/2011/9/30発行/¥741
初版 <内容>自分の体をよく知り、養生によって心身を整える養生生活で気持ちのいい一日を始めましょう。


メグさんの女の子・ 男の子からだBOOK
メグ・ヒックリング(著)キム・ラ・フェイブ(絵)三輪妙子(訳)/菊地書館/2003/9/25発行/¥741
帯 初版9刷(2011年) <内容>「赤ちゃんはどこからくるの?」からだと性についての子どもからの質問に上手に正しく答えるための本。


女性のからだとこころ
内田伸子(編著)/金子書房/2012/4/25発行/¥2,315
帯 初版 <内容>心理学、社会学、社会福祉学、医療、看護学、運動生理学、老齢学などから、女性の生涯発達を考えます。ひとり一人が自分らしく生きるためのヒント。


安心して食べたい!食品添加物の常識・非常識―「知らなかった」ではすまされない食卓の現状と対策
西島 基弘/実業之日本社/2004/4/17発行/¥463
帯 初版


ぼーっとしようよ養生法―心のツボ、からだのツボに…東洋医学 (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)
田中 美津/三笠書房/2003/1/10発行/¥278
帯 初版