1485件中 1件目から表示しています。 (表示: 50件/頁、  検索キーワード: 和本 )

【和本デジタル版(スキャン画像)】〈諸用〉附会案文[諸用附会案文](後印・大嶋屋板) 中本1冊。分類「滑稽本」。
十返舎一九作・画。浅葉庵音芳(古河半右衛門・伊勢屋半右衛門・野咲梅輔・十二月庵)序。/[江戸]大嶋屋伝右衛門(文永堂)板。/享和4年序・初刊。江戸後期後印。発行/¥1,120
末尾に初板本([江戸]駿河屋半兵衛(茶林堂)板)を抄録。また、再板本「序四丁」に汚損があるため初板本で補充した。本書は当時通行の用文章をもじった滑稽本。「天道様え年頭状」「日蝕御見舞之文」「雨乞之文」「地震の鯰え遣す文」「極楽へ遣す添状」「仏になりたるを賀す文」「幽霊指留に遣す文」「竜宮へ頼状」「乙姫病気見廻之文」「鼠之嫁入を賀す文」など、「日用入らざる文言」の奇抜な例文30通を載せる。巻頭・頭書の記事も往来物のパロディーで、「文字之由来」「筆之由来」「墨之由来」「紙之由来」「士農工商画抄」「伊呂波之発端之事」「書用無重宝記」「手形証文尽」「月之異名」「苗字づくし」「無筆の文言」「筆法伝授」「扁づくし」「生花指南」「算盤早割」「妙薬秘伝」「知恵海書抜法」などを収録する。また、初板本に付された『増補附会案文』広告や豊事也跋文等は後印本では削除された。


【和本】〈新撰〉上州妙義詣[〈新撰〉妙義詣]中本1冊。分類「往来物」。★原装・題簽欠(表紙に文政板の絵地図「妙義詣案内」を貼付)・状態並み(一部小虫)。【ネット古書市場:1万2000円~3万240円】
高井蘭山(思明・伴寛・三遷・哂我)作。高橋尚富書。/[江戸]花屋久次郎(星運堂)板。/寛政6年1月書・刊。発行/¥10,000
妙義山参詣を志す人へ同道を申し出る手紙の形式で、江戸から妙義山までの沿道の名所旧跡や上州妙義大権現などを紹介した往来。妙義大権現の縁起・由来、結構や社殿の様子、景趣、また近辺の名所や眺望などを記す。


【和本】かてもの[糧物・加手物](江戸期原装本)枡形本1冊。分類「本草・食物」。★原装、題簽付き・状態概ね良好(一部シミ・小虫、表紙やや汚損)。【ネット古書市場:江戸期原装本が10万8000円】
莅戸善政(ノゾキヨシマサ、大華)・中条至資(ヨシスケ)編。/[米沢]米沢藩板。/寛政12年作。享和2年3月刊。発行/¥25,000
天明3年の大飢饉の危機を目前に、米沢藩主・上杉鷹山(治憲)の命を受けた重臣・莅戸善政が指揮を執り、救荒作物(飢饉時等に備える代用食)の調査・研究を踏まえて編纂した救荒書。領内で入手可能な草木・果実等約80種の調理・加工法等を紹介する。


【和本】〈弦曲改補〉粋辨当大成[〈弦曲改補〉粋辨当・〈新増弦曲〉粋辨当]横本4編1冊。分類「歌謡」。★原装・題簽欠・状態良好(数丁小虫)。稀書。
鴻粋喰躬先生作。/4編合冊は文政4年刊。[大阪]塩屋平助板。/安永3-文化4年初刊。発行/¥12,000
歌謡・音楽。上方端歌の集成書で、横小本。盲人音楽家に伝承されたいわゆる地歌(上方歌)の端歌とは異なり、遊里・宴席に流行した三絃小編歌曲を集める。初編57曲、2編78曲、3編54曲、4編74曲。江戸末期に至る上方の流行端歌の変遷を知ることができる。


【和本】振気篇(国風・詩文)[振気篇詩文]中本3冊(国風1冊・詩文上下2冊)。分類「和歌・詩文」。★原装・題簽付き・状態良好。【ネット古書市場:3冊揃いが、1万584円~2万6250円】
帝尨山人編。春荘冗史補・序。/[大阪]梶田喜蔵(敦賀屋喜蔵・文敬堂)板。/慶応4年序。明治2年跋・刊。発行/¥5,000
帝尨山人の『尊攘余韻』をもとに編纂した勤皇家の和歌と詩文のアンソロジー。帝尨山人原輯・春荘冗史補輯。版元は敦賀屋喜藏・文敬堂など。明治二年(1869年)刊行。詩文篇・國風篇の二部よりなる殉難志士たちの詩歌文集。


【和本】古言梯〈再考〉(江戸中期・柏原屋ほか板)大本1冊。分類「語学」。★原装・題簽付き(やや摩滅)・美本。【ネット古書市場:1万円~3万2400円】
楫取魚彦(カトリナヒコ)作。/[大阪]柏原屋清右衛門ほか板。/明和2年初刊。江戸中期後印。発行/¥5,000
契沖の仮名遣い書「和字正濫鈔」の不備を補い、その根拠を古典から抜き出して整理し、補足説明したもの。初板本は明和2年5月刊でその後「古言梯再考全」が刊行、次いで、寛政7年村田春海増訂、享和2年清水浜臣増訂を経て「再考増補訂正」などが刊行された。


【和本】千鳥のあと[千鳥の跡]中本1冊。分類「歌学・書道」。★原装・題簽付き・美本(冒頭1丁シミ)。【ネット古書市場:3万7800円】
中臣親満(松園)作。小山田与清(高田与清)序。藤原彦麻呂(斎藤彦麿)跋。/[江戸](須原屋佐助金花堂)板。/文政2年跋・刊。発行/¥10,000
和歌の兼題書体・詠草書体・懐紙書体・短冊書体に分けて書札礼等を記し、付録で、懐紙・短冊・色紙の寸法・作法等を補足する。


【和本】〈脩身捷径〉富貴の礎 半紙本2巻2冊。分類「教訓」。★原装、題簽付き・美本。
壮健翁作・序。/[大阪]中島徳兵衛板。/安政6年序。明治初年刊。発行/¥6,000
『〈町家式目〉分限玉乃礎』の改題本。「主人の礎」以下、女房、奉公人、息子、娘、女奉公人、丁児(丁稚)の7章に分けて、家内構成員別の「心得全般」とそれにまつわる長文の「逸話」を紹介した後に、一つ書きの心得と後文からなる家訓風の「式目」で締め括る。


【和本】〈こゝろのよしあし〉女訓すがた見[女前訓躾種・女子口教](安永8年)大本1冊。分類「往来物」。★原装・題簽摩滅・状態良好。
手島堵庵(信・喬房・近江屋源右衛門・東郭・五楽舎・朝倉隠居)作。下河辺拾水書・画。/[京都]炭屋勘兵衛ほか板。/安永8年1月刊。発行/¥11,000
後に『女前訓躾種』と改題された往来物で、安永板は稀少。石門心学書の安永二年刊『前訓』のうち「女子口教」の大意を綴った往来物。長文で「男女の別・女性の身持ち」「三従・身だしなみ・四徳等」「舅姑への孝・嫁入り・夫への服従・女訓書の学習・孝行」の3カ条を説く。


【和本】〈国尽〉富士の麓[〈国尽〉不二の麓]半紙本1冊。分類「往来物」。★原装・題簽付き・状態良好。稀書。
吉良義風(儀風・源義風)作・序。八田知紀校。/[東京]岡田屋嘉七(尚古堂)ほか板。/明治5年序・刊。発行/¥10,000
日本諸国の地理・沿革・文化等を略述した往来。七五調の文章で、皇国民の義務、日本の古名や日本が神国たる旨、日本の地理的位置、五畿八道八四州と国内の諸国名山、主要河川、気候、東京遷都と文明開化、言語・服飾・通商・風俗物産など日本の優位性を強調して結ぶ。


【和本】啓蒙人体千字文 半紙本1冊。分類「往来物・医学」。★原装・題簽付き・状態良好。稀書。
佐藤利信作。江馬春煕校。/[東京]佐藤利信蔵板。大倉孫兵衛売出板。/明治13年4月刊。発行/¥5,000
漢字4字1句、合計1000字の『千字文』形式で身体各部の構造・形状・機能等を記した教科書。本文を1句毎に楷書・草書の2体で書し、頭書に各句の詳細な注を載せる。最後に身を保ち、己の職務に励み、節倹によって国力を増進させよと諭す。


【和本】岡持家集我おもしろ[我おもしろ・我面白]半紙本2巻2冊。分類「狂歌」。★原装・題簽付き・状態良好。【ネット古書市場:35,640円】
手柄岡持(朋誠堂喜三二1世・平沢平格)作。平沢太寄編。/[江戸]和泉屋金右衛門板。/寛政元年序。文政2年序・刊。発行/¥16,000
岡持の狂歌・狂詩・狂文を、没後に子息太寄が編したもの。上巻の狂歌は岡持自身が集めたというが、漏れたものもあり字句の変わったものもある。春・夏・秋・冬・離別・羇旅・哀傷・懐旧・述懐・慶賀・恋・雑・物名・神祇に分かつ。多彩な趣向と息の長い行文に独特の味がある。


【和本】〈河村祐吉著述〉近江風土誌[〈頭書〉近江風土誌]半紙本1冊。分類「往来物」。★原装・題簽付・状態良好。【ネット古書市場:8,500円(汚損本)】
河村祐吉作。川瀬白巌書。/[大津]秋香書屋蔵板。琵琶湖新聞会社売出。/明治8年1月刊。発行/¥5,500
「近江全国は滋賀県の管轄にして、県庁を大津に置り。此国たるや、北緯三十五度、西経三度五十分(東京を以て零度とす)、東西凡十六里、南北三十二里余…」で始まる文章で、近江国の地理を述べた小学校用教科書。名所旧跡や地名、施設(橋梁等)、物産などのあらましを綴る。


【和本】女手ならひ教訓の書[女手習教訓書・女手習状・女読書日用文筧](享保17年板後印)大本2巻1冊。分類「往来物」。★原装・題簽欠・状態並み。稀書(全国に数点のみ)。★【同板の初刷本を4万円で購入】
川当節叟作。/刊行者不明。/享保17年初刊。江戸中期後印。発行/¥15,000
『初登山手習教訓書(手習状)』にならって、手習いの心得を綴った女子教訓書。類書中の最古本の一つ。手習いの重要性を述べ、成人後も大いに役立つ手習いの徳を讃え、最後に「物かく事」は「現世・来世の宝」と説く。


【和本】孔子事蹟図解[孔子事跡図解・孔聖行状図解]半紙本3巻合1冊。分類「伝記」。★原表紙による改装(合本)・題簽欠・状態良好。【ネット古書市場:3冊合本改装本が、2万7000円】
小林高英(小林新兵衛・嵩山房)編。瑞陽口述。天民・鸞洲画。/[江戸]小林新兵衛(嵩山房)板。/文化2年序・刊。発行/¥10,000
孔子の伝記を平易な和文で記した絵本。先行刊本の高田円乗作、寛政元年刊『孔子行状図解』が漢文の伝記であったためさほど普及しなかったため、孔子の時代を彷彿させる挿絵を多く施した仮名書きの伝記として本書を刊行した旨を跋文に記す。


【和本】不問語[とはずがたり](中井甃庵)大本1冊。分類「随筆」。★原装・題簽殆ど欠・状態良好。比較的稀書。
中井甃庵(シュウアン、誠之・忠蔵・貽範イハン)作。/[大阪]塩屋忠兵衛ほか板。/享保13年序。寛政3年刊。発行/¥16,000
大阪懐徳堂の創始者で2代学主の著者甃庵が、まだ学問所預り人であった壮歳に筆を執った和文随筆で、全59段。話題は儒教倫理を中心に世態人情に及ぶが、中でも家族道徳の孝道を最も重視し、達意の擬古文でくりかえし至孝の徳が説かれる。


【和本】抛入岸之波[本朝瓶花史]半紙本2巻2冊。分類「花道」。★原装・題簽一部存(下巻題簽欠)・状態良好。稀書(全国に所蔵数カ所(国文学研究資料館DB))。【ネット古書市場:江戸期板・2冊揃いが105840円、大正8年複製が5000円】
釣雪野叟(大枝流芳)編・跋。橘守国・高木素点画。臥月老人(北山樵隠)序。/[京都]植村屋藤右衛門板。/元文5年跋。寛延3年刊。発行/¥10,000
江戸中期の花道書。立花のもとが 抛入れであるとし、書院の花(生花)、茶室の花(投入)、多種の花をいれる花(いけごみ)の3種にわけて論じる。抛入れの熟成と様式化を物語る史料。


【和本】〈絵入〉開化往来[〈画入〉開化往来]半紙本1冊。分類「往来物」。★原装・題簽付き・状態概ね良好(冒頭数丁小虫)。【ネット古書市場:20,000円】
宇喜田小十郎(練)作。桂屑間人序。笹木芳滝画。村田海石書。/[大阪]伊丹屋善兵衛(前川善兵衛・文栄堂)ほか板。/明治5年序。明治6年刊。発行/¥10,000
明治初年の文明開化の動向などを記した往来。日本や外国の通貨、西洋建築物、衣装、飲食品、織物、家具・調度、生活用品、武器、医薬品、果物、樹木、動物、器具・機械、鉄道・交通等の語彙を列挙し、貿易商人に必要な学問・教養・心得も説く。


【和本】国意考辯妄辯 大本1冊。分類「国学」。★原装・題簽付き・極美本。稀書(全国に所蔵2カ所(国文学研究資料館DB))。
大堀守雄作・跋。/刊行者不明。/天保13・15年序・刊。発行/¥15,000
見返に「此書は上野の人、沼田順義てふ儒者の真淵翁の著し置たる『国意孝』を破したる『辨妄』といふ書の返答にて色々道の事を論じたる書なり」とあるように、本書は沼田順義(三芳野城長ミヨシノシロナガ・楽水堂)作『国意考辯妄』に対する反駁書。


【和本】農業余話(文政11年)・農業余話抄 半紙本2巻2冊(余話)+1冊(余話抄)。分類「農業」。★原装・状態良好。【ネット古書市場:「余話」2冊揃いが12,960円、「余話抄」が、21,000円】
:小西篤好(藤右衛門)作。余話抄:小西篤好作。武島茂道編。/著者蔵板。/文政11年刊。発行/¥20,000
『農業余話』は、摂津国佐保村(現、大阪府茨木市)の小西篤好(あつよし)(1767‐1837)が著した農書。陰陽説を適用し、作物栽培、肥料、除草などの原理を論じつくそうとした。『余話抄』は『余話』の上巻と下巻冒頭の「綿」までを抄録・要約したもの。


【和本】庭訓艸[庭のおしゑ艸](異板2種)半紙本2冊。分類「教訓」。★原装・題簽付き・状態良好。稀書(全国に所蔵数カ所(国文学研究資料館DB))。
野津善平(信言ノブヨシ)作。佐藤竜序。再板本は著者の男・源蔵校訂。/[大阪]著者(栄観燕処楼)蔵板。/安政6年序・刊。発行/¥10,000
「慎謹を為すべきことを明かす章」「四恩を重んずべきことを明かす章」「正直を貴ぶべきことを明かす章」「職業を勤むべきことを明かす章」「争論を慎むべきことを明かす章」「家内和すべきことを明かす章」など10章に分けて説いた童蒙教訓書。


【和本】〈文政新版〉万徳塵劫記商売鑑 半紙本1冊。分類「和算」。★原装・題簽付き・美本。
不明。/[京都]吉野屋甚助板。/江戸後期刊。発行/¥8,500


【和本】〈生花正意〉四季之友[生華正意四季友・生花正意編・生花に専可心得事](3冊本)半紙本3巻3冊。分類「花道」。★原装・題簽付き・色刷り模様表紙(行成表紙)・状態良好(ややシミ)。稀書(全国に所蔵数カ所(国文学研究資料館DB))。
落帽堂暁山作。霊白室主人跋。/[京都]中川茂兵衛ほか板。/寛延2年序。寛延4年刊。発行/¥5,000
華道書。上巻は冒頭の「花を賞するの惣評」に続けて「生華惣論の事」から「書院懸り囲かゝりの生花の事并図」までの5項、中巻は「生花に伝授口決有無の事」から「出船入船の事并泊ま舟の事」までの19項、下巻は「花を貯え養ふの事」および「諸品生方図」を収録する。


【和本】ふみ鏡[書鏡・ふみかゝ美]半紙本3巻合1冊。分類「教訓」。★原装・題簽欠・状態並み(一部小虫)。稀書(全国に所蔵数カ所(国文学研究資料館DB))。
法忍作。松宮観山(俊仍(トシツグ・シュンジョウ)・左司馬)跋。/[江戸]刊行者不明。/宝暦8年12月跋・刊。発行/¥16,000
上巻「天の御柱(みはしら)」、中巻「心の御柱」、下巻「国の御柱」の3巻から成る教訓書。多くの条々から成るが、いずれも「一筆取むかひまいらせ候。さもこそは、法忍が坊主口にて…」と書簡風に起筆し、以下の各項も「あなかしこ」で結ぶ書簡形式で記す。


【和本】字林長歌(後印)大本1冊。分類「往来物」。★原装・題簽やや摩滅・本文状態良好。稀少本。【ネット古書市場:12,000円(題簽欠・小虫)~18,000円(明和板・原装)】
源堅(固卿・竹隠)作・序。細井広沢(知慎)書。/[大阪]河内屋嘉七郎(文栄堂)板。/宝永7年序。明和6年初刊。発行/¥6,500
「翰の林、深き習の、それならで、手習ふ道の、浅香山…」のように七五、七五と続く長歌形式で、漢字の点画や正字・俗字・誤字の別を教えようとした往来。日用漢字約1600字について本字・正字と略字・俗字の違い、あるいは字形の似た漢字の区別を説く。


【和本】改革根元録[〈六条御殿〉改革根元録]大本1冊。分類「真宗」。★原装、題簽欠・状態並み(小虫、角やや破損)。刷表紙。稀少本。【ネット古書市場:21600円~3万円】
石田敬起(タカオキ)(活雲)作・序。芒窓史千跋。呑舟・藤原光孚ほか画。/[京都]著者蔵板カ。/天保2年作・刊。発行/¥10,000
文政末年に莫大な借金がかさみ財政危機に陥った西本願寺の財政立て直し、いわゆる天保の大根屋改革の一環で出版された啓蒙書。心学書等の通俗教訓書風の絵解きや道歌・寓話で諭す。随所に大根の絵を画くのは石田敬起の屋号(大根屋小右衛門)を意味する。


【和本】〈岡部啓五郎著〉東京名勝図会 半紙本2巻2冊。分類「地誌」。★原装・題簽付き・美本。【ネット古書市場:で明治10年板・2冊揃いが、86,400円~203,040円】
岡部啓五郎作。大沢南谷画。/[東京]丸家善七板。/明治9年例言。明治10年刊。発行/¥50,000
明治以前の名所に加えて文明開化の時代に誕生した新名所を紹介した明治初年の東京名所案内。上下2巻で、上巻に「東京略説」で東京の概要を紹介した後、第1大区から第2大区まで(日本橋~浜離宮)を上巻に、第3大区から第11大区まで(九段招魂社~木母寺)を下巻に収録。


【和本】江戸往来[自遣往来](寛文10年・五兵衛板)大本1冊。分類「往来物」。★原装・題簽欠・並本(一部小虫・傷み)。稀書。
不明。/[京都カ]書林五兵衛板。/寛文10年9月刊。発行/¥5,000
『江戸往来』の初期刊本の一つ。全編1通の手紙形式を採り、年始の挨拶や、千代田城内での将軍家を中心とする年始の儀式ならびに行事の有様を始め江戸府内を詳しく紹介する。『駿河状(駿府往来)』の影響を受け、後の地誌型往来の模範となった。


【和本】〈頭書日用重宝・伊呂波字引附〉増補字尽童子教(明治3年)半紙本1冊。分類「往来物」。★原装・題簽付き・状態良好。
川合元(河井元・申甫・忠蔵)作。/[京都]村上勘兵衛板。/明治3年9月刊。発行/¥6,000
寛政10年刊『字尽童子教』の改訂版。諸国名物・京町・官名・宗旨・歴年・大唐歴年・本朝人傑・中華人傑・本朝武将・都会・行程記・書物・天地・鳥類・畜類・魚類・虫類・草木・五穀・宮室・諸道具・飲食・衣服・五体・親類・人倫・疾病・薬種・言語の語彙を収録。


【和本】〈画入〉万宝集[唐物和物薬種売買問屋]半紙本1冊。分類「薬物」。★原装・題簽付き・美本。稀書。全国に所蔵4カ所(国文学研究資料館DB)。【ネット古書市場:43,200円】
西成(西筬)主人作。/[大阪]近江屋安兵衛板。/文化7年秋序・刊。発行/¥15,000
唐物和物薬種売買問屋並びに妙薬調合所である大坂の近江屋安兵衛店が扱う看板薬種の効能書。道中御たつしや薬、急病薬蘓生散、御かほあらひ(顔洗)薬、安産乳泉丹、諸病本復湯、不老長寿円、こゝろよくつうじ丸など12種を紹介する。


【和本】寺院制法(京都府)大本1冊。分類「往来物」。★原装・題簽付き・状態良好。【ネット古書市場:6,300円(滋賀県板)~30,240円(京都府板)】
京都府編。/[京都]京都府蔵板。村上勘兵衛売出。/明治2年3月刊。発行/¥6,000
明治2年3月に郡中・市中・町役・村役・僧侶・神官等に対して出された一連の布達の一つ。神職者に対して出された『社家制法』と同様に第1条に「御高札之旨謹而可守事」を掲げ、以下、仏戒厳守と宗法修行出精、宗派争論禁止など全13カ条を記す。


【和本】曹大家女論語図会[女論語図会]大本1冊。分類「往来物」。★原装・題簽付き・美本。口絵等色刷り。【ネット古書市場:27,000円】
畑銀鶏作。中林子博書。村田嘉言校・画。/[大阪]加賀屋弥兵衛(松庇閣)ほか板。/文政12年12月刊。発行/¥12,000
曹大家作『女論語』を邦訳した和文『女論語』で、明暦2年刊『女四書』所収の『女論語』と同内容の本文に、近世後期の庶民風俗を多く採り入れた和漢の挿絵を随所に配置する。


【和本】小窓間語[小窓閑語]大本4巻4冊。分類「随筆」。★原装・題簽付き・美本。【ネット古書市場:28,000円】
鈴木忠侯作。/[江戸]遠州屋清右衛門ほか板。/寛政2年序・刊。発行/¥20,000
「本邦の正史および卑官小説の中より古実の人に益あるものを抄出し」た随筆。1巻に「霧島山の話」以下34項、2巻に「額柱の事」以下45項、3巻に「芸術修業の心得」以下36項、4巻に「三浦介の事」以下30項を収録(全145項)。


【和本】女中庸瑪瑙箱(享保15年初板本)大本1冊。分類「往来物」。★原装・題簽欠・状態並み(表紙等痛み・やや汚損)。享保15年板は初板本で全国に数点のみ。【ネット古書市場:8,640円(明治期改刻本)~21,600円(明和再刊本)】
植村玉枝子(内藤玉枝・晩香散人・清福斎)作。中村三近子書。漱石子・方国画。/[京都]植村藤治郎板。/享保15年1月刊(初板)。発行/¥10,000
跋文によれば、植村の叔父である渡辺氏が「賢き人の教訓、みぬ唐の書を探、漢文字に書」き綴ったものを植村が「和文字に和解(やわらげ)」たもの。本文は第1条「舅姑への服従」から第10条「下人を使う心得」までの条々で、多くの付録記事を載せる。


【和本】〈梵鐘蟠圍〉道成寺霊蹤記 大本6巻3冊。分類「寺院」。★原装・題簽付き・状態良好(下巻裏表紙虫損補修)。稀書。【ネット古書市場:9万円~22万4220円】
礼淵(九峯叟)作・序。/[京都]藤屋武兵衛ほか板。/元文4年自序。寛延3年刊。発行/¥26,000
仏教長編説話。長篇勧化本。前半の巻一~四には紀州の地名・地域の伝承・観音利益、後半には安珍・清姫の道成寺伝説が記されている(国文学研究資料館DB)。


【和本】殉難全集(殉難前草・後草・遺草・続草)・殉難拾遺[慷慨遺言(竜之巻・虎之巻)]中本5冊。分類「和歌」。★原装・題簽付き・概ね美本。「続草」は書袋付。【ネット古書市場:1冊が、2000~6000円前後だが、関連書の揃いは稀】
城兼文(青雲閣主人)・馬場文英編。/[京都]藤井文正堂(近江屋卯兵衛)板。/慶応4-明治2年刊。発行/¥12,000
幕末の動乱の中で殉難した人々の詠草の中で述志的なものを、維新実現の後で編集した書。『全集』の和歌・漢詩・俳句の作者は236名、文章を合わせると587名に及び、『拾遺』を加えると805名に達し、幕末維新期のものとしては最大の選集である。


【和本】実語教童子教証註(異板2種)大本2冊。分類「往来物」。★原装・題簽付き・状態良好。【ネット古書市場:4320円(破損本)~5000円】
振鷺亭貞居(猪狩貞居・与兵衛・魚米庵・浜町亭)注・序。浜専輔跋。/[江戸]上総屋利兵衛ほか板、[江戸]和泉屋金右衛門ほか板。/文化13年・天保10年再刊発行/¥9,000
寛文10年刊『実語教諺解・童子教諺解』を基本に振鷺亭独自の注を加味した注釈書。仏教説話を減じて経書による説明を増補し、漢文の引用部を読み下し文にするなど、児童の理解を配慮した編集になっている。本書は『諺解』系統では江戸後期に最も普及した注釈書。


【和本】〈御家〉消息集〈並詩歌〉[御家消息集]特大本1冊。分類「往来物」。★原装・題簽付き・状態良好。
山角貞猶書。/[江戸]須原屋茂兵衛板。/明和7年9月刊。発行/¥5,000
「青陽之佳慶不可有際限候…」で始まる新年祝儀状以下、比較的短文の消息例文13通と詩歌6編を認めた手本。例文はいずれも四季折々の贈答文で、移りゆく四季の随感や行事(花見、連歌の会、茸狩り、十種香の会など)に伴うものが多い。


【和本】〈官板〉明治月刊(3号)半紙本1冊。分類「雑記」。★原装・題簽付き・状態良好・稀書。【ネット古書市場:1~3号3冊で5万5000円、3号1冊が3万1500円】
大阪府(開物新社)編。/[大阪]大阪府(開物新社)蔵板。[大阪]秋田屋市兵衛ほか売出。/明治元年11月刊。発行/¥10,000
毎月刊行された海外知識紹介雑誌。現存本によれば5号まで刊行。第3号には「西班牙国乱の始末」「合衆国鉄道の里数」「梅毒の説」「電気魚の説」「牛の要用なる説」を収録し、巻末に「哺乳器」「雷魚」「雷鰻・雷鯰」の図を掲げる。


【和本】〈伝神開手〉北斎道中画譜[五十三次道中画譜]半紙本3巻合1冊。分類「絵画」。★原装・題簽付き・状態良好。【ネット古書市場:完本が3万円~4万5000円】
葛飾北斎(1世、勝川春朗・画狂人・卍老人・葛飾戴斗1世・前北斎為一老人・前北斎卍翁)画。/[名古屋]片野東四郎(東璧堂)板。*明治45年芸艸堂板よりも早い刷り。/文政13年頃刊。明治初年後印。発行/¥30,000
東海道五十三次絵本。もと臥龍園撰、呉(魚屋)北渓画の高点狂歌集『狂歌東関駅路鈴』の絵の丁だけを集め、各丁に彫り込まれた3、4首の高点狂歌を削ったもの。各宿駅の風景を背景に、菅笠を被った旅行者を描くことが多い。


【和本】〈当時現在〉広益諸家人名録(初編)中本1冊。分類「名鑑」。★原装・題簽付き・美本(数丁欄外小虫)。【ネット古書市場:1-2編2冊が10,000~70,000円、2編1冊が20,000円、初編1冊が9,800円~10,500円】
不明。/[江戸]金花堂(須原屋佐助)板。/天保6年序。天天保7年刊。発行/¥5,500
人名録・姓名録。天保7年当時、江戸に現存した諸家564名を姓のイロハごとに分類し、分野、住所、出身地などを記す。


【和本】詩経名物辨解[詩経名物解]半紙本7巻3冊。分類「本草」。★原装・題簽付き・状態概ね良好(一部小虫)。【ネット古書市場:1万8000円~19万4400円】
江村如圭編・序。松岡玄達書。/[京都]中井平治郎板(後印)。/享保15年序。享保16年刊。発行/¥15,000
『詩経』の植物考証。『詩経』に登場する数多くの動植物や事物を和名で解説した本草書で、江戸時代の詩経博物学を代表する文献。


【和本】日本諸家人物誌[諸家人物考]中本2巻1冊。分類「伝記」。★原装・題簽付き・美本。【ネット古書市場:12,600円(題簽欠・小虫)~41,040円】
池永豹(ハダラ・秦良・南山道人)編。/[大阪]渋川与左衛門ほか板。/寛政4年初刊。寛政12年再刊。発行/¥10,000
慶長年間以降の人物誌。上巻、儒家部、医家部。下巻、歌学・国学家部、書画家部、補遺を収録。近世前・中期の儒学者(南村梅軒ら213名)・医学者・歌学国学者(木下長嘯子から楫取魚彦まで35名)・書家・画家の小伝を集録したもので、袖珍本ながら300名を収める。


【和本】七在所案内記[伊勢案内記]横本1冊。分類「地誌」。★原装・題簽欠・状態良好。稀書(『国書総目録』に1カ所)。
不明。/刊行者不明(伊勢板カ)。/江戸後期刊。発行/¥5,000


【和本】東海木曽両道中懐宝図鑑(天保13年)小本1冊。分類「地誌」。★原装・題簽付き・美本(一部に少しシミ)。【ネット古書市場:10,000円(破損本)~71,400円】
不明。/[江戸]須原屋茂兵衛板。/天保13年1月刊。発行/¥12,000
東海道と木曽路の各宿場の様子や街道沿いの風景を描いた道中記。下段に木曽路を掲げ、東海道は江戸から京へ向かう上りの順に、逆に、木曽路は下りの行程で描く。利用者の見やすさを重視して見開きで1宿を描く。


【和本】〈増補〉名所部類考[名所部類附四季景物考](宝永6年)小本2巻付録1巻1冊。分類「地誌」。★原装・題簽付き・状態良好(表紙補修)。【ネット古書市場:江戸中期落丁本が、20,000円】
世外子編・序。/[京都]万屋宗寿板。/宝永6年序・刊。発行/¥13,000
「名所部類」と付録の「寄恋名所之部」「四季景物考」から成る。各名所を山・嶺・嵩等60部に分類し、国別に配列、その名所についての四季の景物を示す。景物は巻頭「四季景物考目録」に従い配列する。巻末に「和歌二十一代集」より選んだ「寄恋名所之部」を付す。


【和本】〈四英獄窓〉唱和集[〈四英獄窓〉骨董集]中本2巻2冊。分類「漢詩・和歌」。★原装・題簽付き・状態良好。【ネット古書市場:4000円(1冊本・破損本)~51,840円】
頼三樹三郎(頼鴨厓・醇)・伊丹蔵人(重臣)・山田勘解由(宣風)・高橋大隅守(俊?)作(詠)。古松淵臣校・序。/[京都]蓍屋嘉助ほか板。/慶応4年序。明治元年刊。発行/¥6,000
伊丹蔵人重臣・山田勘解由時章・高橋兵部権大輔兼大隅守俊?・頼三樹八郎醇の4名の詩歌集(狂歌を含む)。安政の大獄で捕縛、江戸福山藩邸幽閉中の安政6年1月より刑死直前の10月5日にかけての詠作談話を筆録したもの。


【和本】難題折句集 横本1冊。分類「雑俳」。★原装・題簽付き・美本(単色刷り模様表紙)。稀書(『国書総目録』に記載無し)。
石橋隣(セッキョウリン、千葉春耕)評・跋。/[大阪]和泉屋卯兵衛板。/江戸中期初刊。江戸後期再刊。発行/¥5,000
難題折句を集めたもの。「百子堂潘山撰」「十南斎白羽評」「荷旃斎左橘評」「鳧哉楼婆束撰」「一草舎晩鈴評」などを収録。


【和本】示蒙疑似字駢[示蒙疑似字辨]横本1冊。分類「辞書」。★原装・題簽付き・状態良好(表紙やや疲れ)。稀書(『国書総目録』に個人蔵1点のみ。所蔵機関なし)。
木瓜子(モッコウシ)編。/盈科塾蔵板。/天保9年序・刊。発行/¥15,000
字体が酷似する漢字を列挙して音訓や若干の注記を付したもの。


【和本】東都遊覧年中行事[〈四季遊覧〉江戸年中行事]中本1冊。分類「風俗」。★原装・題簽欠・状態良好。見返・口絵色刷。
幽篁庵(久松祐之) 編・序。麻生麗斎(曙山)画。/[江戸]岡田屋嘉七ほか板。/嘉永4年2月自序・刊。発行/¥28,000
江戸府内各地の年中行事を月順・日付順に紹介した案内書。各行事の由来・伝承、しきたり、風俗等にも言及するほか、「新年の千代田城」「亀戸妙義初卯詣」「春の彼岸、品川東海寺山門眺望」「六阿弥陀参詣道」など年中行事の風趣・風俗等を描いた挿絵を掲げる。