1088件中 1件目から表示しています。 (表示 50件/頁)
 

完本 池波正太郎大成 鬼平犯科帳 全4冊揃〈完本 池波正太郎 4・5・6・7 鬼平犯科帳 1・2・3・4〉まつおか書房 ¥8,000
池波章太郎 著     1998
[状態:並] 函・函帯7巻のみ・月報付 (ただし7巻欠)。わずかに汚れ・焼け。(4冊 No.407146)
伝奇時代小説集 ベストナイン傑作選 妖術、忍法幻羅吊り、狐と馬、比丘尼の死、ハナノキ秘史、無月物語、葛城の王者ほんのたまご ¥600
海音寺潮五郎、山田風太郎、池波正太郎、小松左京、南條範夫、久生十蘭、黒岩重吾他   双葉社 77/02/初版
CON:C・ヤケ、多シミ
定本 池波正太郎大成 全30+別巻 全31西田書店 ¥97,200 (本体 ¥90,000)
  講談社 1999
函 帯‐少キレ 月報付 9巻P797頁少ヨレ有(読む分には差し支えありません)
完本 池波正太郎大成 全30+別巻 全31西田書店 ¥86,400 (本体 ¥80,000)
  講談社 1998
函-2・4~7巻背少汚レ 月報付
最後のジョン・ウェイン -池波正太郎の「映画日記」-西田書店 ¥972 (本体 ¥900)
池波正太郎   講談社 1980
カバー 帯
ルノワールの家西田書店 ¥1,080 (本体 ¥1,000)
池波正太郎   朝日新聞社 昭60
カバー 初版
戦国幻想曲/池波正太郎/毎日新聞社神楽坂ブックス ¥2,000
    
【昭和45年2月発行:】 カバー 擦れ・端傷み・キレ・汚れ・剥げ 頁ヤケ・汚れ
梅安蟻地獄 : 必殺仕掛人/池波正太郎 著/講談社神楽坂ブックス ¥2,000
    
【27150】 1974年5月 第1刷 1978年11月 第8刷 帯あり、多少のヤケ、汚れあり。
剣客群像道草書房 ¥210
池波正太郎   文藝春秋(文春文庫) 1989
鬼平犯科帳 新装版 (八)道草書房 ¥200
池波正太郎   文藝春秋(文春文庫) 2000・初版
本体日焼けあり
鬼平犯科帳 新装版 (五)道草書房 ¥200
池波正太郎   文藝春秋(文春文庫) 2000・初版
本体日焼けあり
鬼平犯科帳 新装版 (九)道草書房 ¥200
池波正太郎   文藝春秋(文春文庫) 2001・三刷
裏表紙折れ跡あり、本体日焼けあり
狐火 鬼平犯科帳道草書房 ¥500
池波正太郎   文藝春秋 1972・二刷
カバー日焼けあり
真田太平記(全16巻揃)道草書房 ¥8,000
池波正太郎   朝日新聞社 1974~83
全16冊
堀部安兵衛(揃)道草書房 ¥800
池波正太郎   新潮社(新潮文庫) 1999・初版
全2冊
編笠十兵衛(揃)道草書房 ¥500
池波正太郎   新潮社(新潮文庫) 1989・四刷
全2冊
剣の天地道草書房 ¥350
池波正太郎   新潮社(新潮文庫) 1990
闇は知っている道草書房 ¥180
池波正太郎   新潮社(新潮文庫) 1988
本体日焼けあり
まんぞく まんぞく道草書房 ¥200
池波正太郎   新潮社(新潮文庫) 1990・初版
カバー背日焼けあり
梅安乱れ雲(仕掛人・藤枝梅安(五))道草書房 ¥330
池波正太郎   講談社(講談社文庫) 2003
梅安冬時雨(仕掛人・藤枝梅安(七))道草書房 ¥330
池波正太郎   講談社(講談社文庫) 2004
卜伝最後の旅道草書房 ¥300
池波正太郎   角川書店(角川文庫) 1987
夢中男道草書房 ¥1,000
池波正太郎   東京文藝社 1974・初版
カバー少し破れあり
池波正太郎に届ける「おせち」カフェ&ブックス カフカ ¥800
近藤 文夫   筑摩書房 2010
初版 カバー付 帯なし。カバー周辺部に少焼けが見られますが、本体に目立った瑕疵はなく、状態良好です。ゆうメールにて発送いたします。
フランス映画旅行古本カモイ ¥300
池波正太郎   新潮文庫 昭和63
初版、1刷、222頁、状態良好
真田騒動 恩田木工 池波正太郎 著あっぱれ!虚誕堂 ¥300
池波正太郎   新潮文庫 平成15年12月10日第43刷発行
文庫 表題作ほか4編 
男のリズム 池波正太郎エッセイ集あっぱれ!虚誕堂 ¥300
池波正太郎     平成2年6月10日15版発行
文庫 劇場/家/食べる/着る/散歩/映画/最後の目標/26年前のノート/家族/私の一日/旅/母
味と映画の歳時記 池波正太郎 著あっぱれ!虚誕堂 ¥300
池波正太郎   新潮文庫 平成6年7月10日6刷
文庫 味の歳時記 一月橙~十二月柚子と湯豆腐   映画歳時記 一月正月映画~十二月忠臣蔵  カバーに疵あり
日曜日の万年筆 池波正太郎 著あっぱれ!虚誕堂 ¥300
池波正太郎   新潮文庫 平成6年2月20日18刷
文庫 池波正太郎のエッセイ集
サライ 2010年10月号 特集:鬼平と歩く「東京・下町」と「京都」  大特集:嗚呼、我が心の巨人軍あっぱれ!虚誕堂 ¥500
  小学館 2010年10月21日発行
池波正太郎没後20年企画  大特集:日本を元気にしたあの「熱」と「力」をもう一度 嗚呼、我が心の巨人軍 V9戦士の証言
NHK知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 4月池波正太郎 5月藤沢周平あっぱれ!虚誕堂 ¥600
  NHK出版 2005年4月0日発行
4月 山本一力が語る「池波正太郎」 5月黒土三男が語る「藤沢周平」 
池波正太郎読本 別冊歴史読本 作家シリーズ①  処女小説『厨房(キッチン)にて』所収あっぱれ!虚誕堂 ¥1,500
  新人物往来社 1997年11月13日発行
未完戯曲『鈍牛画伯』掲載 巻頭対談「池波正太郎の人と作品」常盤新平+縄田一男 代表作三大シリーズの第1話×3
続 「落語」入門 大特集 泣いて笑って、いのちの洗濯 サライ2007年12/6 付録CD 付き あっぱれ!虚誕堂 ¥800
  小学館 2007年12月6日発行
1圓朝を継いだ「昭和の名人」 円生、正蔵、三木助、今輔、志ん朝 2東西落語の古社寺を巡る 特集:池波正太郎に教わる「小鍋立て」 
食卓の情景  池波正太郎 あっぱれ!虚誕堂 ¥400
池波正太郎   新潮文庫 平成17年5月20日第57刷発行
文庫 おいしい食べ物に託して人生観を語る無類のエッセー。著者自筆のカット7点挿入。
酒と肴と旅の空  ~池波正太郎編 「食通の忘れられない味」!名エッセイ24篇あっぱれ!虚誕堂 ¥500
池波正太郎編   光文社知恵の森文庫 2008年5月20日第1刷発行
文庫 世界の美味、酒をテーマに池波正太郎が選んだ名エッセイ。開高健と阿川弘之の対論「わが美味礼讃」も収録
オール読物 2007年6月号総力大特集「鬼平犯科帳、誕生四十年」 池波正太郎「食べ物日記」収録 あっぱれ!虚誕堂 ¥700
  文藝春秋 平成19年6月1日発行
オール読物 2010年6月号 大特集:鬼平犯科帳 池波正太郎没後二十年あっぱれ!虚誕堂 ¥1,000
  文藝春秋 平成22年6月1日発行
鬼平犯科帳 原点の一作「看板」を収録。「鬼平犯科帳」を書き始める2年前の作品。
小説の散歩みち  ~池波正太郎エッセイ集~あっぱれ!虚誕堂 ¥400
池波正太郎   朝日文庫 昭和62年4月20日第1刷
文庫 二人の祖母から慈しまれた幼年期から戦争体験を経て、今日、時代小説の名手となるまでの懐かしき日々、思い出の人々
私が生まれた日  ~池波正太郎自選随筆集[1]あっぱれ!虚誕堂 ¥400
池波正太郎   朝日文芸文庫 1996年7月1日第1刷
文庫 時代小説の仕掛人のみならず、生活の達人であった著者の随筆の中から、食べ物・散歩・旅・下町・家族に関するものを選んだ。
B級グルメのおいしい銀座2  ~文春文庫ビジュアル版~あっぱれ!虚誕堂 ¥800
文藝春秋編   文春文庫ビジュアル版 1992年10月10日第1刷
文庫 堂々211軒 大情報!池波正太郎『銀座日記』の読み方と解き方 30~56ページ  スパゲティ熱血大図鑑、オムライスが行く ほか
B級グルメのおいしい銀座2  ~文春文庫ビジュアル版~あっぱれ!虚誕堂 ¥800
文藝春秋編   文春文庫ビジュアル版 1992年10月10日第1刷
文庫 堂々211軒 大情報!池波正太郎『銀座日記』の読み方と解き方 30~56ページ  スパゲティ熱血大図鑑、オムライスが行く ほか
池波正太郎の世界あっぱれ!虚誕堂 ¥1,200
太陽編集部編   平凡社 1998年12月11日発行
コロナ・ブックス56 モダニストにして、ことばのアルチザン。「一碗の味噌汁にも生の充実や幸福」を見た作家の、類いまれな男の美学。
B級グルメのおいしい銀座2  ~文春文庫ビジュアル版~あっぱれ!虚誕堂 ¥900
文藝春秋編   文春文庫ビジュアル版 1992年10月10日第1刷
文庫 堂々211軒 大情報!池波正太郎『銀座日記』の読み方と解き方 30~56ページ  スパゲティ熱血大図鑑、オムライスが行く ほか
私の大好物  ~各界スターが特別公開する~あっぱれ!虚誕堂 ¥1,000
「週刊文春」編   文春文庫ビジュアル版 1992年12月10日第1刷
文庫・文春ビジュアル版  データは平成4年10月現在のもの。池波正太郎、西川きよし、林真理子、赤塚不二夫、川本三郎ほか
東京のうまいもの  ~散歩のとき何か食べたくなって~あっぱれ!虚誕堂 ¥1,200
池波正太郎   平凡社 1996年8月15日初版第3刷
コロナ・ブックス11 池波正太郎が愛した東京の味は今も健在  文で味わい、目で楽しむ懐かしい東京の味覚。
江戸古地図散歩  ~回想の下町 山手懐旧~あっぱれ!虚誕堂 ¥1,000
池波正太郎   平凡社 1994年3月20日新装版7刷
古地図を手にして現代の東京を歩む時、思いがけぬ場所に江戸を垣間見ることがある。かすかに、まだ、「江戸」が残っているのだ。
池波正太郎が残したかった「風景」あっぱれ!虚誕堂 ¥1,000
池波正太郎、重金敦之、近藤文夫ほか   新潮社 2002年4月25日発行
「剣客商売」の活躍を彩る”江戸”の美しさ。池波が愛してやまなかった江戸=東京の風景を十三回忌を機に振り返ってみよう。
日曜日の万年筆あっぱれ!虚誕堂 ¥300
池波正太郎   新潮文庫 昭和59年3月25日発行
文庫。池波正太郎、手練の切れ味をみせる”とっておきの51話”。経年ヤケ。
新ちくま文学の森11 ごちそう帳あっぱれ!虚誕堂 ¥1,000
  筑摩書房 1995年7月24日第1刷
御馳走にかんするエッセイ、ものがたり、和歌などなど。井伏鱒二、獅子文六、池波正太郎、森茉莉、小島政二郎、吉田健一ほか
池波正太郎が残したかった「風景」あっぱれ!虚誕堂 ¥900
池波正太郎、重金敦之、近藤文夫ほか   新潮社 2002年4月25日発行
「剣客商売」の活躍を彩る”江戸”の美しさ。池波が愛してやまなかった江戸=東京の風景を十三回忌を機に振り返ってみよう。
( 1~50件目 / 1,088件 )
 
 

このページのトップへ