287件中 1件目から表示しています。 (表示 50件/頁)
 

クジラとカネ売ります -計量法現行犯は訴える-西田書店 ¥1,080 (本体 ¥1,000)
永六輔   講談社 1977
カバー 帯
人生万歳西田書店 ¥1,296 (本体 ¥1,200)
永六輔他   岩波書店 平成10
初版 カバー 帯
話の特集 1981年8月号道草書房 ¥500
フランソワーズ・モレシャン/小室等/亀和田武/永六輔ほか   話の特集 1981年8月
「幕は降り、ピエロは去る」フランソワーズ・モレシャン/「いとしのレイラ」亀和田武ほか
話の特集 1975年10月号道草書房 ¥500
永六輔/色川武大/矢崎泰久/渡辺克己/平忠夫ほか   話の特集 1975年10月
綴じ傷みあり、「OH!TOKYO 真夜中ピクニック」平忠夫/「NEWS」渡辺克己ほか
サライ 2000年1月20日号道草書房 ¥420
やなせたかし/永六輔/河原淳/水上勉ほか   小学館 2000
2号、「ローカル線で行く名湯・秘湯」、「山芋で長生き」ほか
サライ 2000年12月21日号道草書房 ¥420
赤塚不二夫/竹内敏信/永六輔/神坂次郎ほか   小学館 2000
24号、「漫画で読む「20世紀の日本」」、「写真美術館で撮る 習う 遊ぶ」ほか
極道まんだら道草書房 ¥300
永六輔   文藝春秋 1974
カバー汚れあり、小口シミあり
NHK歴史への招待3道草書房 ¥500
原田伴彦/福田善之/堺屋太一/山崎正和/永六輔/長谷川昇/戸川昌子/小西四郎/色川大吉ほか   日本放送出版協会 1980・初版
「実説・石川五右衛門」/「次郎長明治に死す」ほか
明治からの伝言 若々しい老人たち古本カモイ ¥400
永六輔   ちくま文庫 1995
初版、279頁、状態概ね良好
サライ 永六輔 職人と語るあっぱれ!虚誕堂 ¥300
永六輔   小学館 2000年1月1日第1刷発行
『別冊サライ』で全国の職人を訪ねる旅が始まった。富山の石像、青森の津軽塗、熊本の竹細工、香川の讃岐一刀彫 ほか多数紹介
永六輔のえぃ! 夕刊フジの好評連載「どっちもどっち」が本になった!あっぱれ!虚誕堂 ¥600
永六輔   産経新聞社 2001年3月20日第1刷発行
「男のおばあさん」が覗き見た愉快なニッポン、ヘンなニッポン。
住井すゑと永六輔の人間宣言  ~死があればこそ生が輝く~あっぱれ!虚誕堂 ¥700
住井すゑ・永六輔   光文社 1995年4月25日第1刷発行
著者それぞれの主張があり、そして二人の対談さらにマルセ太郎との鼎談に進む。
二度目の大往生  ~大往生の第2弾!~あっぱれ!虚誕堂 ¥500
永六輔   岩波新書 1995年10月20日第1刷
新書 「一人対談」や講演ドキュメントで構成する紙上バラエティ。思わず笑い、やがてしんみり考えさせられる。大往生の第2弾。
永六輔 どこかで誰かと  ~にんげん大好き 250人の仲間たち~あっぱれ!虚誕堂 ¥600
永六輔   旅行読売出版社 平成7年12月22日第8刷
東京っ子の僕は東京ではなく旅先で人に逢う。で永六輔が旅先で出逢った250人の「ひととなり」
あの世心得。  ~香典返しにこの一冊~あっぱれ!虚誕堂 ¥700
永六輔   文藝春秋 2003年9月12日第1刷発行
『文藝春秋』連載20年のコラム「蓋棺録」から49本を収録。経年ヤケ。
妻の大往生  ~永六輔の妻昌子を語る~あっぱれ!虚誕堂 ¥700
永六輔   中央公論新社 2002年11月6日初版発行
妻として母として生きた永昌子への思いと在宅介護の日々を、夫として六輔が、娘として千絵・麻理が語る
老い方、六輔の。あっぱれ!虚誕堂 ¥700
永六輔   飛鳥新社 平成16年3月12日第1刷
永六輔の聞書きによる自叙伝
生き方、六輔の。あっぱれ!虚誕堂 ¥700
永六輔   飛鳥新社 平成14年10月23日第2刷
永六輔の聞書きによる自叙伝
昭和 僕の芸能私史あっぱれ!虚誕堂 ¥800
永六輔   朝日新聞社 1999年5月31日第1刷
永六輔による、万人のための、永六輔の実録昭和史ものがたり
死にはする殺されはしないあっぱれ!虚誕堂 ¥1,000
永六輔   話の特集 昭和51年7月7日初版発行
永六輔昭和51年現在でこれまでの約20年のコラムをまとめたもの。
日本人対朝鮮人  ~決裂か、和解か?~あっぱれ!虚誕堂 ¥800
永六輔・辛淑玉   光文社 1999年5月30日第1刷発行
僕と辛さんとの間にあった楽しさこそ、日韓の間に欠けているものの大きな要素だと思った。辛口対談。
立往生のすすめあっぱれ!虚誕堂 ¥900
水上勉ほか   倫書房 1996年10月20日第2刷
作家・水上勉さんを励ます集い”幻夢一夜”という企画の口演集。演者は水上勉、永六輔、灰谷健次郎、倉本聡、筑紫哲也。
老い方、六輔の。あっぱれ!虚誕堂 ¥800
永六輔   飛鳥新社 平成16年3月12日初版1刷発行
よく老いることは、独り上手になることです。”生き方の達人”がていあんする老い方の極意!
沈黙は金曜日あっぱれ!虚誕堂 ¥800
永六輔   飛鳥新社 1998年2月25日第1刷発行
原題:無名人語録
自由の森で 大学ごっこあっぱれ!虚誕堂 ¥700
筑紫徹也ほか   小学館 1998年8月10日初版第1刷
「平成の咸宜園」を創ろう!学長 筑紫哲也、講師 永六輔、大山のぶ代、岸田今日子、宮崎駿、宮本亜門。大分県日田市での実践。
変節の人 ~かつての同志が告発する青島幸男の正体~あっぱれ!虚誕堂 ¥800
飛鳥新社   矢崎泰久 1997年5月14日第1刷発行
青島幸男はいい加減なヤツであった。この本で井上ひさしも永六輔も認めている。
死にはする殺されはしないあっぱれ!虚誕堂 ¥1,200
永六輔   話の特集 昭和51年8月5日第3刷
永六輔昭和51年現在でこれまでの約20年のコラムをまとめたもの。
永六輔の芸人と遊ぶあっぱれ!虚誕堂 ¥800
永六輔   小学館 2001年10月10日第1刷
入船亭扇橋からおすぎとピーコまで。対談で綴る昭和の芸人たちの素顔。
言っていいこと悪いこと ~日本人のこころの「結界」~あっぱれ!虚誕堂 ¥400
永六輔   知恵の森文庫 2003.06
文庫 ラジオのスタジオから心地よい風を送り出したいと思って50年。言葉の世界にも結界―即ち越えてはならないことがある。
芸人あっぱれ!虚誕堂 ¥500
永六輔   岩波新書 1997.1
新書  「芸人」は死語になりつつある。「芸能人」「タレント」を肩書きとして使う。職人気質が残るように芸人気質は残ってほしい。  
芸人あっぱれ!虚誕堂 ¥400
永六輔   岩波新書 1997.1
新書  「芸人」は死語になりつつある。「芸能人」「タレント」を肩書きとして使う。職人気質が残るように芸人気質は残ってほしい。  
芸 その世界あっぱれ!虚誕堂 ¥400
永六輔   文春文庫 1999.09
文庫  
昭和 僕の芸能私史あっぱれ!虚誕堂 ¥500
永六輔   知恵の森文庫 2004.05
文庫  ゾルゲ、マッカーサーから宇野重吉まで。芸能の黄金時代を一年ごとに重大事件と対比した、もうひとつの昭和史。
商人(あきんど)古書 三世房 ¥248 (本体 ¥230)
永六輔   岩波書店岩波新書 1998
7刷 カバー・帯良好 天地にシミ 本文綺麗です。 線引き・書き込みはございません。
商人(あきんど)古書 三世房 ¥248 (本体 ¥230)
永六輔   岩波書店岩波新書 1998
7刷 カバー・帯良好 天地にシミ 本文綺麗です。 線引き・書き込みはございません。
立往生のすすめ古書じんや ¥500
水上勉・永六輔・灰谷健次郎・倉本聰・筑紫哲也   倫書房 1996年
2刷、帯(背やけ・小さな破れ)
現代マスコミ・スター 時代に挑戦する6人の男 草柳大蔵、梶山季之、いずみたく、永六輔、五木寛之、野坂昭如ほんのたまご ¥1,000
植田康夫(草柳大蔵、梶山季之、いずみたく、永六輔、五木寛之、野坂昭如)   文研出版 1968/初版
CON:C・ヤケ、シミ、献呈書名
放送作家 華麗なる虚空に刻むほんのたまご ¥1,000
山田太一、向田邦子、倉本聰、辻真先、永六輔、青島幸男、佐々木逸郎、他/日本放送作家協会・編   水曜社 1979/初版
CON:C・強ヤケ、シミ
大衆芸能 伝統と現代8 彦書房 ¥2,000
鶴見俊輔 吉田光邦 尾崎秀樹 永井啓夫 松島栄一 香川登志緒 永六輔 加太こうじ 大西信行 石川弘義 佐藤忠男   學藝書林 1969/03/10 (S44)
永井啓夫 編 B5判変 初版 月報付 装幀→田中一光 213頁 函 程度良
小説 早稲田青春無頼帖彦書房 ¥2,000
大下英治   読売新聞社 1987/03/09 (S62)
今村昌平、和田勉、篠田正浩、野坂昭如、永六輔、大橋巨泉、田原総一朗、菅原文太、山田太一、寺山修司、等、 四六判 初版 装幀→岩黒永興 363頁 カバー 保存良
真夜中対談彦書房 ¥1,000
永六輔 富士真奈美 犬養道子 植草甚一 吉永小百合 藤本義一   文藝春秋 1971/12/25 (S46)
五木寛之の異色対談 四六判 初版 装画→村上 豊 230頁 カバー 保存良
嫁と姑ネット通販・古書店 ふくろう ¥450
永六輔   岩波新書(朱) 2001・1・19初版
本の状態(並・)新書判。「秋茄子は嫁に食わすな」「姑と嫁の仲の良いのは物怪の不思議」昔から嫁姑をめぐる諺には事欠かない
日本人対朝鮮人(決裂か和解か?)ネット通販・古書店 ふくろう ¥800
永六輔/辛淑玉   光人社 1999・5・30初版
本の状態(良・)B6判ハードカバー。反日、反韓の深奥に迫る
句あれば楽あり ~小沢昭一、俳句を語る~ 永六輔 入船亭扇橋 江國滋 桂米朝 加藤武~東京やなぎ句会の仲間とともに短歌俳句川柳堂 ¥300
小沢昭一 ~楽しい小沢昭一節で、俳句をご一緒に~    朝日新聞社 表紙カバー~経年変化によるヤケ等多少あり 帯あり 中は綺麗です 乱丁落丁検品済み 1997年3月初版第一刷
「煩悩即菩提とかや即涼し」・・・ボツだな。小沢昭一
大往生 岩波新書ふるほん文蔵 ¥180
永六輔   岩波書店 
新書、カバー・帯付、経年少ヤケ、経年並下。 頁折れ跡1枚、頁経年シミ
嫁と姑ネット通販・古書店 ふくろう ¥450
永六輔   岩波新書(朱) 2001・1・19初版
本の状態(良)新書判。「秋ナスは嫁に食わすな」「姑よ嫁の仲の良いのは物怪の不思議」昔から嫁姑の諺には事欠かない
三波春夫  言わねばならぬッ! 永六輔書処ベリタス ¥500
三波春夫、永六輔   NHK出版 1999
良定価1200円
沖縄からは日本が見える青木書店 ¥800
永六輔   光文社 2002
知恵の森文庫 カバー
幕末の素顔 日本異外史古書 風鈴堂 ¥1,200
永六輔   毎日新聞社 昭和45年
全体に経年ヤケ強。
みだらまんだら壬生書房 ¥500
永六輔/山下勇三著   文藝春秋 1972年6刷
四六判ハードカバー帯付/カバーに経年傷僅かにありますが上汚れ日焼け軽微、文中の状態は良好です/送料180円・1602性
( 1~50件目 / 287件 )
 
 

このページのトップへ