4件中 1件目から表示しています。 (表示 50件/頁)
 

大助・花子の日本昔ばなし 3冊(犬山村と猿田村・鹿山物語・ねこ舌)ふるさと書房 ¥1,000
文・宮川大助、絵・宮川花子   京都書院 1988年
・並上
週刊ポスト2001年07月13日号菊川怜(表紙)、辻沢杏子、桜庭あつこ、はつみちかこ、モノクロ記事(宮川花子VSアホの坂田、廣山望、高橋由美子、京極夏彦、榎本加奈子×中尾彬、宮崎駿、飯島愛)本遊館 ¥2,800
、はつみちかこ、モノクロ記事(宮川花子VSアホの坂田、廣山望、高橋由美子、京極夏彦、榎本加奈子×中尾彬、宮崎駿、飯島愛)     
並下、スクラッチ、本全体に強めヨレ、細傷
愛をみつけた 大助・花子のおやオヤ日記[胃がん]赤ひげ書房 ¥780
宮川大助・宮川花子   朝日新聞社 1994年8月
状態良好。人気夫婦漫才コンビが肉声で綴る、笑いと涙の愛情物語。花子の胃がん生還記録も。
夫婦の轍 つないだ手と手を離さないで[胃がん]赤ひげ書房 ¥890
宮川花子   幻冬舎 2011年4月
状態良好。夫婦漫才師として共に歩んで35年。流産、互いの闘病。宮川花子が初めて語る、細「かった」腕繁盛記。
 
 

このページのトップへ